劣等感と焦燥感と敗北感のミルフィーユ

26才営業職女性が過去の思い出にすがり続ける無様な様子。

年齢を重ねるごとに人生の難度が上がるシステム

 

年々人生の難度が上がっているように感じる。

(というより、加齢とともに人生の解像度が上がり、

見えていなかった困難に気付き、もともと高かった難度に気が付く仕組み。)

収入に見合った過不足のない人生を送りたいと思っても、

いわゆる「普通の会社」に勤めて、「普通の生活」を送ることはかなり難しい。

 

私には物心ついてからずっと結婚願望がある。

結婚生活に憧れを抱いている訳ではない。

結婚したい理由は大きく2つあると考えている。

 

一つは、「孤独」という感情に耐えられないから。

私は以前、恋人がおらず自信をもって友達と呼べる人もいない時期を長く過ごしていた。

一人で過ごすことで感じる自由なんてたかが知れていて、

一人で生きる孤独なんかよりも、誰かと過ごす面倒くささの方がよっぽどいい、

ということをその時期に強く感じた。

 

二つめは、いわゆる「普通の人生」を送りたいから。

(ここで言う「普通」はかなり幅広く捉えていて、見方よってはかなり幸せな場合も含んでいる。

つまり、健康で衣食住に困らず安全な生活を送ることは、それだけでも十分に幸せであるということ。)

私は生まれてから今まで、細かい差異を無視すれば、

かなり普通な、一般的な、敷かれたレールを走るような人生を送ってきた。

それは私にとって奇跡的なことで、これからもそんな風に生きていきたいと考えている。

「多様化」が謳われる時代とは言え、

まだまだ家庭を持つ方がより「一般的」と言える世の中である。

そのような中、友人や社会における「少数派」にはなりたくないのだ。

 

しかし年齢を重ねるごとに、自分が思う「普通の人生」を送ることは、

その形が少しづつ具体化されていくのにつれて、

思いのほか難度の高いことであると気付かされてしまった。

 

20代も終盤に差し掛かり、

「この人は将来のことをどう考えているのだろうか」

「そもそも、結婚すること自体コスパが悪いのではないか」

「いや、そんな悠長なことを考えられるのは若いうちだけだ」

などと月並みなことで悩むようになった。

 

たとえ結婚したところで、

妊娠・出産のタイミング、経済的負担、子育ての方針、住まいのこと、老後の資金、両親の介護、勤務先の将来性、自身含めた家族の健康・・・

挙げればきりがない程、死ぬまで一生頭を抱え続けることは必至だ。

 

「それが人生」と言われたところで、

私の舐め腐った根性では「そっか、がんばろ!」とは思えない。

そして、毎日このようなことを考えあぐねている訳だけど、

特に結論は出ていない。それが人生だから。