劣等感と焦燥感と敗北感のミルフィーユ

23才恋愛経験なしの営業職女性が、迫り来るリミットに焦りながらも過去の思い出にすがり続ける無様な様子。

自由と安心はトレードオフ

紆余曲折ありまして、数ヵ月前に彼氏が出来ました。
兼ねてからの知人です。

ずっと孤独と自己嫌悪に苛まれ、
普通の人間がみんな経験している「恋愛」と言うものが、
どうしてこんなにも出来ないのだろうかと劣等感を覚える日々でした。

物心がついてから長年の間、
親以外の他人から愛情を受ける日々を渇望していました。
しかし、それは案外呆気なく、想像していたような「震える程の感動」はありませんでした。
もはや日常になりつつあるのでしょうか。

生物学上も、価値観も別々な相手と、
真剣に人間関係を築くことがこんなにも大変なことだなんて知るよしもありませんでした。
その努力をしてきたことを考えると、若い頃から恋愛に勤しむ人々には頭が上がりません。

そして、ついに、
恋人がおらず、孤独だった頃の「自由」に憧れてしまうのです。

でも、ここで負けてはいけません。
私はこの自由を手放して、「誰かといる安心」を手に入れたのだから。

そんな葛藤をしながらも、楽しい日々や幸せを噛み締めて、
気を引き締めて生きていかなければ、、、