劣等感と焦燥感と敗北感のミルフィーユ

23才彼氏なし営業職女性が、「会社に行きたくない」「過去に戻りたい」と言うことを大袈裟に回りくどく言い続けるだけのブログ

虚無の2年間


気が付けば、このブログを開設してから2年もの月日が経過してしまった。

恐ろしくて振り返りたくない。

地獄のような意識弱い系喪女就活生時代に、
脱喪女を掲げて意気揚々と始めたこのブログ。

クソみたいな自分と、姉に対する怒りにまみれたクソみたいな毎日だったなぁ。

それから無事に?就活は終わり安寧の時期が。
ところが、解放感を味わうことが出来たのも束の間、
やがて、言い表しきれない劣等感と焦燥感と敗北感が止めどなく溢れ出てきた。

それは、周りの人に対しても、昔の自分に対しても。

だけれども、意思の弱い、覇気のない、生命力のない私は、就活を再開するだとか、もう一年頑張ってみるなんてことはなく、ひたすら現実逃避をするかのように遊んで過ごしてしまった。

(楽しかったのは確かだが)

そして、あの地獄のような就活時代を簡単に凌駕してしまう、
更なる地獄のような社会人生活が幕を開けてしまった。

毎日、明日になるのが憂鬱で、朝起きてしまったらもう、何も考えないように支度をし、この世の終わりにでも向かうかのような気持ちで満員電車に乗り込む5日間。

今すぐにでも抜け出したくて、だったら転職でもすれば?という自分は確かにいる。

実際、何校かの公◯員よびこーに話を聞きに行ったりもした。

だけど結局、会社が始まってしまう時間までの間に、いかに現実逃避できるのかということに専念してしまう意思の弱い私が支配してしまう。

「意思が弱い」という言い訳を振りかざし、何もかもから逃げて、結局なんにもできない自分しか残らない。


何も出来ることがない。



今朝、大学の知り合いにSNSをフォローされた。

その子は、誰もが二度見してしまうほど顔が可愛く、性格も良い。

そして、SNSの投稿を覗けば、爽やかな恋人とのツーショットがびっしり並べられていた。

そこには、恋人や家族に対するあまりに真っ直ぐな思いも綴られており、それは何の胡散臭さも感じさせないものだった。

私が一人呆然と過ごした2年間で(ここでは敢えて2年間と言いたい)、あの子は周囲の人からどれだけの愛を受け、どれだけの素晴らしい景色を見てきたのだろう。

そんなことを考えてしまい、仕事初めの朝に、死ぬほど憂鬱な気持ちになってしまった。

同じような表情で、会社に行きたくないと話していたあの子の裏側には、こんなに愛される日常があり、それがどれほど糧になっているのかなんて、私には想像することすらできない。

それは私の知らない生き方だから。

共感し合っていた訳ではないのか。

素直で可愛いあの子やその子が、たくさんの愛を受け、人間としてさらに成長するほど、
私はどんどん卑屈になり、そうなるといよいよ、私が生きている意味もないように思えてくる。(≠消えたい)

どれだけの言葉と時間を費やして、心の歪みの原因を解明しようとも何の解決にもならない。
それどころか、更に暗い気持ちで夜を明かすことになることに、私はとっくに気付いている。

それでも、支え合える恋人のいない私は、
このブログに劣等感と焦燥感と敗北感を積み上げ続けるしかないみたいね。