劣等感と焦燥感と敗北感のミルフィーユ

23才恋愛経験なしの営業職女性が、迫り来るリミットに焦りながらも過去の思い出にすがり続ける無様な様子。

喪女、勝手に失恋す


今に始まったことではないけれど、恋愛のやり方が分かりません。



いつもいつも、
人を好きになっても素の自分を出すのがこわくて、
本来の自分とは違う自分を装って、
なんの進展もなく好きな人に恋人ができて無音で消える(笑)



ゆっくり話せる女性が羨ましい。

私はいつも自分の話なんか興味ないだろうなとか、
早く喋らないと流されるとか思うと、
素の自分を出すよりも無難な答えをコンパクトにまとめることに注力してしまう。


それでいつも「○○は適当だからな」とか「○○はクールだから」と言われて、人の関心を惹かずに消えるモブキャラと化す…



自分に市場価値がない。自己嫌悪に陥る。手遅れ。でも今頑張らなければ更に手遅れになる。




気になる人が出来たのに、あっさり恋人の存在を明かされ、しかもなんとなく相手の見当がついてしまって、

こうしてまた、私がまともな人間になる道がひとつ閉ざされたという訳だ。



まあ、気になっている段階なだけ良かったと思おう。

(そう思うよりほかない)


淡い恋心は早く、早く忘れよう。


淡い恋心なんて今時小学生でもないよな…