読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劣等感と焦燥感と敗北感のミルフィーユ

22才・新社会人・彼氏なし・友達少・日々老いゆく現実に震えながらも、若さを武器に楽しく生きることを永遠に夢見る一般庶民の戯言

クソみたいな日常

昨日は本当についてなかった。
ついてなかったことをお知らせできる相手もいねえ。
おととい改心したんだよ。
それでその日の夜曲とか聴きながら涙とか流れてきて、
ああ、自分は間違ってたんだなあとか思ったりして、
これからはちゃんと生きようとか思ったんだよ。
それで、ちゃんと寝て、睡眠って最高だなとか思ったんだよ。
いつも脳の右上当たりで雑音が鳴ってる感じがしたんだけど、それもなかったし、寝るって大事なんだな、今日からはちゃんと寝ようとか、思ったりしたんだよ。

それが昨日よ、清々しい気持ちでゼミの飲み会に行ったのよ。結構コミュ障喪女なりに周りの雰囲気に合わせて一体化しようとしたのよ。
でも駄目だね。私は逃げるクズだ。クズとか言っていつも結局逃げてる。そういうのを、コミュ障とかいってクズとか言うのを言い訳にして逃げてる。
だからいつまでも私は私のままなんだ。

それで、一人反省会でもしようと途中下車して格安チェーンカフェに行こうとしたものの、営業時間がクソだったから、また電車乗って次の場所で降りたのよ。そしたら、何らかのイベントがやっていた模様で、クソみたいな腐女子みたいな人が数百人いて、いつもガラガラで広い店舗なのに、大行列よ。

結局いつものファストフード店行くしかないわけじゃん?でも最寄り駅まで帰る電車でも、満員なのに彼女守るために腕を不自然な位置に固定するクソみたいな男性の前に立ってしまって、押されるわゴリゴリするわで不快×不快×不快の4乗な訳よ。

そうこうしてやっとの思いでついた、いつものファストフード店でも、注目した飲み物の何らかの材料が見当たらなかったらしくファストフードなのに無駄に待たされるわ、その間に取ってた席の隣になこっちまで荷物侵食させてくる腐女子が陣取ってるわ、そいつらが腐なマシンガントークするわで不快×不快×不快×不快×不快×∞な訳よ。



あの夜流した私のピュアな涙は一体なんだったのか。
もう、いいかげんほっこりとした幸せにはたどり着けないことを悟って、大人しく陰険な雰囲気漂う教習所に通うこととするよ。