読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劣等感と焦燥感と敗北感のミルフィーユ

22才・新社会人・彼氏なし・友達少・日々老いゆく現実に震えながらも、若さを武器に楽しく生きることを永遠に夢見る一般庶民の戯言

無能から生まれる劣等感と虚無感と未来不安感

自分が無能過ぎて、家族が頭おかし過ぎて、家にプライバシーがなさ過ぎて、それを打開する経済力のない自分にイラつきすぎて、冬とか寒すぎて、まじでもうドロップアウトしたい。


しかも長い夜を越えるためにネットサーフィン・動画視聴は必須なのに急にWi-Fi圏外になるし、それを解決する方法も分からないし、なにせ家族が寝てるからWi-Fiの場所まで辿り着けないし、マニキュア売り切れてるし、代わりに買ったやつの色が許容範囲越えてるし、コートないし、買う踏ん切りつかないし本当なんなの?なんか運に見放されてる。



最近も私は喪女なんだけど、
ある事情により4年生なのに卒論と言うものがなくて、
なんと言うか学費の無駄と言うか、時間の無駄と言うか、暇で暇で虚無感と劣等感を日毎感じずにはいられない状況に置かされています。
数少ない友達と会えばみな、卒論に追われる日々に疲れている様子で、これが正しい私立文系芸人のあるべき姿だなとか思いつつ羨ましくなっちゃう所存で。

でも、卒論いいな~とか言うと当然「ない方が絶対いいよ」と言われる訳で、多分私も卒論が必須だったら同じように言っていたと思うの。
だけどね、(だいたい)同じ学費を(奨学金借りてまで)払っているのに卒論のひとつも書くあてがないなんて理不尽さを感じずにはいられないよな。
だからみんな最近冷たいのかな?


だから毎日買い物かバイトに費やすしかないんだよデートも友達もない私は。





・・・






いや、待てよ?
そんなに暇で理不尽とか言ってるなら自発的に何か勉強すればよくね?
え、バカなのかな私は。
ちょっと、ちょっと、自分の底無しの無能さに吐き気してきたわ。



あとね、結構重大なことに気がついてしまったんだけど、
普通どこかで落ち込んだり泥のような生活送って改心してやり直すとしたらそれって高校から大学が妥当な気がするんだよね。
つまり、高校が思うように過ごせなくて、何でもできる大学に入って自分を変えるんだよね。
私その'挫折'とも言えない謎の低迷期が大学4年間にぶち当たってるんだけど、これってもう手遅れじゃね?



とか屁理屈言ってる暇あるなら早く寝ろ、教習所行け!!!!!!教習所の試験すらパスできねえのに卒論やりたいとかほざくな寝言は寝て言え無能の根性なしが!!!!!