劣等感と焦燥感と敗北感のミルフィーユ

22才・新社会人・彼氏なし・友達少・人生の選択を間違えてしまった感の否めない一般庶民の戯言

人生が長い。輝けるときはほとんどないのに。

高校や大学という、いわば恋愛するための期間とも言える7年間、 私は一体何をしていたのだろうか。一方的に好きになることしかなく、思いを伝えたのはたった一回のみ。あまりに枯渇した生活から逃避したく、高校時代に公開された恋愛漫画実写映画を見た。あ…

喪女、勝手に失恋す

今に始まったことではないけれど、恋愛のやり方が分かりません。 いつもいつも、 人を好きになっても素の自分を出すのがこわくて、 本来の自分とは違う自分を装って、 なんの進展もなく好きな人に恋人ができて無音で消える(笑) ゆっくり話せる女性が羨ましい…

情けない話

12年前に放送されたときから私は、 1リットルの涙というドラマが大好きで、 台詞も暗唱できるくらい、何度も何度も見返している。 大人になるにつれ、頻度は減ったものの、 今でも一年に1、2回は見たくなるときがきて、 原作の本と合わせて見返している。 こ…

焦燥感のショートケーキ

この焦燥感は働いたら少しはマシになると思っていた。 と言うか、本来はマシになるくらいには「成長」していなければいけないものだろう。 ところが、慣れない会社員生活に必死になり、土日は思い切り遊ぶ、と言った流れが出来ていたのも少し前までで、 今で…

こんな大人になるつもりは、毛頭なかった。

まったく、私はもう「人生世知辛すぎワロタwwww」 とでも言いたい気分です。 人生を楽しむ努力もせずに、楽しくないと嘆く者は愚か 努力しない者は愚か 仕事を頑張らない者はクズ 生まれた瞬間から人間は努力しないとお金も手に入れられないし、 つまり…

そもそも私なんかに営業職ができるはずもない

毎回毎回書いているように、 積極性もなければ覇気もない メンタルがゴミすぎてすぐへこむし、 へこんだら最後何もやる気が起きなくなるようなこの私が、 営業職なんてできるはずもないんだよ。 他の職種ならできると言っているわけではなく、 単に営業職は…

望むものは、特技と結婚相手とお友達

毎日考えることがあって、 私って趣味も特技も努力も才能も長所もない。 なんにもない人間なのに誰かに愛されたいとか認められたいとか思うなんて、どうかしてるよ。 将来、死んだとしても誰も私のために何かしてくれない予感がする。 大学生活で何かを掴む…

ないものだらけ

昔の自分より幸せじゃない。 周囲の人より多分年収が低い。 内定先の仕事に興味がない。 かと言ってどんな仕事ならしたかったのか分からない。 人より優れている能力がない。 昔の自分より性格が悪い。 昔の自分より太ったし、顔がたるんだ。 周囲の人より性…

甘え?挫折?努力不足?

終わってしまった。 夢の日々が終わってしまった。私には同級生たちの、素晴らしい未来がはっきり見える。 きらびやかで、楽しく、豊かな未来。挫折したことで他人の痛みや人生の厳しさが身に染みて分かるようになる、と言う自分がいる一方で、 挫折なんか知…

子供のままでいたかった

最近の私は自分を変えて、人生を好転させたいと考えていました。そのために、様々な場面でこれまでと少し考え方を変えて、毎日は楽しくなり始めました。しかし、ふとした瞬間から、 将来への絶望感が全身を蝕み、 生きることが辛く悲しいことのように感じら…

ここから人生やり直せますかねえ?

大学4年間のうち半分以上は後悔に費やした。 始めは高校時代への固執、 それが薄れるとクラスメイトとの付き合い方、 サークルへの向き合い方、 アルバイトの選択、 ゼミの選択、 就職活動全般、 あの時ああしてればなんてまさに「タラレバ娘」みたいなこと…

クソみたいな女子大生(22)のクソみたいな年越し

ふと思った。 どうしてこんなにもワクワク感のない年末なのだろうか世間やテレビの盛り上がりと反比例する私のテンション。 いつもなら、たとえつまらない日常を送っていても 年末年始くらいはちょっとそわそわしたり、 新しい気持ちになったりした。 今年は…

考えたら負け

たとえば、毎回鍵の閉まったトイレにノックしてくる空気の読めない自己中心的で融通の利かない尊敬できない父親のこととか、 22才にもなって未だに姉とあり得ないほど狭い部屋で生きてて、その消灯が早すぎて見たいテレビも満足に見られないこととか、 毎…

就活終了2か月後からの(不毛な)後悔

8月中旬、内定先の最終面接があった。 結果はすぐに来た。他に1つしか持ち駒がなかった私の気持ちは、もうほとんど就職活動の終了へと向かっていた。 その残りの1コマの最終面接が8月下旬にあった。 終盤の持ち駒の中では最も志望度が高く、日ごろから「…

誕生日なんて大嫌い

この世の中に、 私よりも祝われずに22歳を迎えた私立文系女子大生がいるだろうか、いや、いない。 私の人生の中でも、最も祝われなかった最悪な誕生日だ。 (ちなみに、その記録は毎年更新されている) ~以下懐古~ 高校生の頃は、朝学校に行くと部活の友達…

私、(精神的に)生まれ変わろうと思う。

私の心の中にずっとあるもの、 現れてから、今でもずっと追い求めているもの、 それが、高校時代の自分と、その毎日 間違いなく自分史上最高だった。 なにがかと言うのは難しい。全部だから。 性格も、環境も、生き方も、友達も、先輩も、学校も、すべて最も…

砂漠のような瞳と地獄のようなパートタイム

アルバイト先に目薬を忘れてきた。 私は視力だけはいいのだが、とにかくドライアイがひどい。 それは心の荒みに比例する。 と言うのも、日常が厳しく現実からドロップアウトしたくなったとき、 はまっている男性アイドルの動画を明け方まで見てしまうからだ…

喜びは半分に、切なさは2,3倍にして受け止めるタイプの厄介な喪女(ギリギリ21歳・女性)

今日のテンションの下がり具合がハンパではない。 ~その1~ 昨日のアルバイトでは舐められた後輩に三度の遅刻をかまされ、 さすがに耐えかねた地味で友達の少ない喪女がラインで忠告文を送るも、 全く反省していない様子で、お得意の演技がかった言い訳を…

心がどっかに行ってしまった。(21歳・女性)

ここ1年くらい自分を殺して生活してきたけど、 この地味でつまらない生活はいったい何のためのものだったのだろうか。 7月ももうすぐ終わるというのに未だ内定ゼロなのはさすがに笑えないし泣けもしない。 残飯もとい丸亀製麺のご自由にお取りくださいの天…

生命力がない(^O^)

生きる意味が見出せません! 将来に希望が持てません! 何もやる気が起きません! 10時くらいに起きて、気が付いたら夕方、この時間になってます! (21歳・女性) まるで中学2年生の非リア充な子が直面するかのような悩みに、 21歳になっても悩まされていま…

姉のせい、親のせい、部屋のせい、環境のせい

毎日が休日のような就活もどき生の私が、 今日と言う土曜日を、珍しくフラットな気持ちで迎えた。 そして、来週必要になる履歴書をいくつか書いた。 このゴミクズ野郎の私が、久しぶりにおとなしく作業していた。 社会人の姉は昼ごろに起きて、出かける準備…

就活が人脈戦過ぎる件について

ご存知の通り私には友達がほとんどいない。 大学でいつも行動を共にする仲間や、情報共有し合う友達がいない。 「就活ってなにから始めればいいんだろ?」 「就職課の使い方よく分からないな。」 ふつふつと湧き出る疑問を、投げかける相手がいない。 自分で…

私のラジオ愛

私はラジオが好きだ。 10年前からラジオが好きだ。 10年前はライトとラジオが一体となっているよくある防災グッズで聞いていた。 その後は小型のポータブルラジオ。この頃までは自分で聞きやすい周波数を探して聞いていた。時に、本来ならば圏外である関西の…

第二の人生~大学生活やり直すなら~

フジテレビをつけたら、かの有名なフェス、「SWEET LOVE SHOWAR」のダイジェスト番組が始まった。 そこに映し出されるのは、”勝ち組”や”リア充”を具現化したかのような光景。 「あれ、私はどうしてここにいないのかな?」 その瞬間、私は自分が”何でもできる…

女どころか、人間的な生活を捨てている

近頃の私は決して試験勉強や就活に明け暮れていた訳ではなく、 日々様々なメディアを利用して現実逃避行に出ていました。 1日24時間のうち数時間だけ現実の世界に帰ってきて、 締切が翌日に迫ったレポートやESを無心で消化する日々でした。 「勉強」「集中」…

ニートのような生活と、拭えない先行きの不安感

今日は何曜日だった~さして問題じゃないか~ 最近バイト削られまくりで、大学が始まるまでまるでニートのような生活を送っています。 いや、本当は適当にインターンのES書くなり、期末レポートやるなり、それなりにやらなきゃならないことはあるんですけど……

喪女が喪女たる所以

あらかじめ断っておくと、 このブログは「脱喪女」を謳ってはいるものの、私は現在喪女ど真ん中・喪女中の喪女・トップオブ喪女・現在進行形で喪女ing、って訳で、 脱喪女に向けて合コンに明け暮れたり、自分磨きに励んでいる様子を綴ったブログではありませ…

本当はブログなんか始めてる場合じゃない

はじめまして。俄然アメブロ派の私でしたが、唐突にブログを始めてみたくなったので、はてなブログで始めてみました。日頃日記に書いていたような戯言を、特に誰に向けて書くと言う訳でもないのですが、友達も極少なのでネットの海に投げてみることにしまし…